メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生について (NO.3)

2009年4月28日

在重慶日本国総領事館

 

 世界保健機関(WHO)は、28日未明に、世界的に広がっている新型インフルエンザについて警戒水準をフェーズ4に引き上げると発表しました。また、同時に、WHOは、現時点ではインフルエンザ発生国への渡航禁止や、発生国に対して国境を閉ざすことは勧告しないとしています。


  中国においては、現時点ではまだ感染の拡大に関する報告が見られませんが、在留邦人の皆様におかれては、このWHO発表を踏まえ、今後の感染拡大の可能性に備え、今から所用の対策を講じられることをおすすめします。具体的には、外出から帰宅時の手洗い・うがい等の励行、外出時にはできるだけ人混みを避け、必要な場合にはマスクを着用する等の感染予防対策を実施すること、並びに食料・水・医薬品などの備蓄が十分にあるかについての確認を行うこと等をおすすめします。


  事態はなお流動的であり、推移を見極める必要がありますが、安全の万全な確保に向けて皆様の自主的な判断が益々重要になります。総領事館としては、今後とも総領事館HPならびに緊急メールを通じて迅速かつ正確な情報提供を心がけて参りますが、皆様におかれても、引き続き関連の情報に十分注意し、冷静に対応し、決してデマなどに惑わされないようにお願いします。