渡航情報(危険情報)

感染症危険情報(メキシコ以外で新型インフルエンザ感染が確認されている国)の発出

 

2009年4月30日

在重慶日本国総領事館

 

 

1.30日付で以下の渡航情報(危険情報)がだされていますので、感染が確認されている国に渡航を予定されている方は十分に注意願います。

 

2.在留邦人の皆様におかれては、引き続き冷静に事態の推移及び関連の情報にご注意いただくようお願いします。

 

3.当館では、引き続き状況を注視して情報収集に努め、今後、関連情報を迅速に提供していく所存です 。

 

【渡航情報(危険情報)】
1.概況
(1)WHOは30日(日本時間)、新型インフルエンザのパンデミック警戒レベルをフェーズ4から5に引き上げました。

(2)WHO事務局長は、その理由として、一つの地域内の複数の国において持続した感染拡大が継続していると述べています。

(3)つきましては、メキシコ以外で新型インフルエンザの感染が確認されている国に渡航を検討されている方は、渡航先の感染状況及びWHOの情報等最新情報を入手し、十分注意してください。また、これらの国に滞在されている方は、今後WHOの情報にも留意しつつ、感染防止対策を徹底するとともに、感染が疑われた場合には速やかに医療機関で受診してください。
  (注意)
   ※30日午前9時現在、メキシコ以外でWHOにより感染が確認されている国
    (7カ国):
     米国、カナダ、スペイン、ニュージーランド、イスラエル、英国、 ドイツ
    独自に感染確認を公表している国(2か国):
     オーストリア、コスタリカ
   ※今後感染が確認される国が増える可能性がありますので、最新情報の入手に努め、新た な感染国となった国への渡航についても、同様に十分注意願います。

2.感染防止対策
   下記の点に留意し、感染防止に努めてください。
(1)十分な水・食糧の備蓄を行い、不要不急の外出は控える。

(2)外出する際は人混みを避ける。また、咳やくしゃみ等による感染を防ぐため、マスクを着用する。

(3)積極的に手洗いやうがいを行う。

(4)ウイルスは粘膜を介して感染するので、うかつに目、鼻、口などの粘膜部分に手で触れない。

(5)発熱や咳などインフルエンザと似た症状がみられた場合には、迷わず現地の医療機関の診療を受ける。

3.帰国時に高熱、咳症状がみられる場合には検疫所の健康相談室にお申し出ください(帰宅後に同様の症状が現れた場合には、最寄りの保健所に相談し、感染地域に渡航していた旨をお知らせください。)。

 

(問い合わせ先)
 ○外務省豚インフルエンザ相談窓口
   住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)4625、4627、4629

 ○外務省領事局海外邦人安全課
   住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140

〇外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/  
  携帯版:http://www.anzen.mofa.go.jp/i/

 ○厚生労働省ホームページ
   http://www.mhlw.go.jp


  ○農林水産省ホームページ(豚インフルエンザ関連)
   http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/buta.html


  ○世界保健機関(WHO)ホームページ(豚インフルエンザ関連)
   http://www.who.int/csr/disease/swineflu/en/