「同伴」目的で査証申請される方(一次・数次)

 

 日本人の中国人配偶者の方の短期滞在査証(一次、数次)の対象者及び申請時の提出書類等は以下のとおりとなります。各提出書類は、発行後3ヶ月以内のもの(有効期間の記載ある書類は有効期間内のもの)を提出してください。

 

注意事項

 申請に必要な提出書類は、発行後3ヶ月以内(有効期間の記載のある書類は、有効期間内)のもので、特に明記されているものを除き、原本1部を提出願います。また、審査の都合上、追加資料の提出をお願いする場合がありますので予めご了承願います。審査の結果問題がなければ申請日の翌日から起算してワーキングデー4日目に査証が発給されます。
 なお、当館では2009年12月21日より、急増する査証申請に対処し、館内の混雑を避けるため、全ての査証申請は当館指定の代理申請機関を通じて受け付けることとしておりますのでご注意願います

 

1.対象者
(1)中国国内に1年以上居住している日本人(無査証及び有効期間6月未満のL査証を有する者を除く)と現在同居している中国人配偶者。
(2)本邦在留中、出入国管理及び難民認定法をはじめとする我が国法令について違反がないこと。
※ 数次査証(マルチビザ)の申請の場合は、婚姻期間及び中国国内における同居期間が1年を経過していること、及び、我が国への出入国歴が1回以上確認できることが必要になります。 

 

2.提出書類
(1)申請人が提出する書類
(イ)査証申請書PDF 【写真添付 縦4.5×横3.5~4.5】 
(ロ)旅券(有効期間が半年以上残っていることが好ましい)     
(ハ)戸口簿写
(ニ)暫住証(当館管轄地域(重慶市、四川省、雲南省及び貴州省)外に本籍を有する方のみ提出して下さい。)
(ホ)数次査証(マルチビザ)希望に係る理由書(PDF)(数次査証申請の場合のみ提出して下さい。)

(2)日本人配偶者が準備する提出書類
(イ)旅券の写し(身分事項の頁、査証の頁、居住証の頁及び出入国印のある頁の写し)
※1年以上の中国滞在が旅券上確認できること。
(ロ)戸籍謄本(発行から3ヶ月以内)
(3)査証申請人又は日本人配偶者が準備する提出書類
(イ)主たる生計維持者の在職証明書又は右に代わるもの
(ロ)主たる生計維持者の所得証明書又は右に代わるもの


3.手数料
  一次査証  200元
  数次査証  400元