ハムスター等の動物の輸入届出制度の創設


  厚生労働省は、輸入動物を原因とする人の感染症発生を防止するため、本年9月1日より動物の輸入届出制度を導入することとしました。

 本制度の概要は、検疫対象動物(犬、猫、あらいぐま等)を除く哺乳類及び鳥類(ハムスター、リスなどのげっ歯類、インコ、オウムなどの鳥類)等を輸入する者は、日本到着の際に、当該動物の種類、数量、その他の事項を厚生労働大臣(検疫所)に届け出なければならない。またその際、当該動物が感染症にかかっていない旨記載した輸出国政府機関発行の証明書の添付が必要となるというものです。

 詳しくは、厚生労働省ホームページ「動物の輸入届出制度について」に記載してありますので、ご一読ください。

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou12/index.html