成都イトーヨーカ堂主催マラソン大会

 7月8日(日)、成都市青羊区非遺博覧園の周回コースで、成都イトーヨーカ堂主催によるマラソン大会(5kmの部、2.5kmの部)が開催され、約4800人が汗を流しました。
 開幕式には、欧建●(令へんに瓦)・成都小売業協会秘書長、何紹華・成都市関心下一心工作委員会常務副主任(兼成都市関心下一心基金会理事長、池済敏・四川大学外国語大学副院長等が参加し、当館からは斎藤憲二首席領事が出席し挨拶を行いました。
成都イトーヨーカ堂は、1996年の進出以来、これまでに成都市を中心に四川省内で7店舗を開設しており、地元の皆さんに愛されながら、現地で代表的な日本企業の一つとして発展を続けています。
 日中平和友好条約40周年の今年、ビジネスの域を超え、このような地元密着型のイベントを開催した点は大変に意義深く、今後の更なる発展を期待するところです。