管轄区域の主な報道ぶり(2018年2月)

雲南省における汪洋・政治局常務委員の講話精神の学習
 3日付雲南日報によると、2日、雲南省党委常務委員会拡大会議が開催され、汪洋・政治局常務委員兼国務院扶貧困開発領導小組組長が雲南省怒江リス族自治州を視察した際の重要講話につき学習した。
 
劉延東・国務院副総理の重慶視察
 4日付重慶日報によると、劉延東・国務院副総理は重慶を視察し、社会事業の改革発展と西部大開発を推し進めるよう強調した。劉延東副総理は、重慶大学、都市管理職業学院、医薬高等専科学校、重慶中医院、大渓溝団地衛生サービスセンター、紅岩村原八路軍重慶弁公室等革命文物遺産、科学技術関連企業を視察した。
 
各省市で2017年度民主生活会が閉幕
 各地報道によると、1月中旬から2月上旬にかけて各省市党委常務委員会は2017年度民主生活会を開催した。重慶市では2月1日から2日間開催し、陳敏爾・重慶市党委書記は講話の中で、党中央の権威を守り,統一した指導者に集中し、孫政才の劣悪な影響と「薄・王」思想の遺毒を一掃すると強調した。
 
ノートパソコンの生産量が4年連続世界一(重慶市)
 3日付重慶日報は、2017年の重慶市のノートパソコン生産量は6095万台で、4年連続世界一であり、世界のノートパソコンの約40%が重慶で生産されている旨報じた。
 
習近平国家主席が四川省を訪問
 当地各紙は一面で、習近平国家主席が10日から13日まで四川省を訪問し、貧困対策、経済社会発展業務、地震後の復興発展状況を視察したと報道。14日付報道によると、成都市で脱貧困攻略戦座談会が開催され、習近平は会議を主宰し、脱貧困の進展状況に関し報告を聞き、今後3年間の貧困対策につき集中研究を行った。会議には、汪洋・国務院副総理及び四川省、広西チワン族自治区、貴州省、雲南省、チベット自治区、甘粛省、青海省、寧夏回族自治区の党委書記が出席した。
 
王毅・外交部部長の雲南省視察
 14日付雲南日報は、王毅・外交部部長が11日から13日まで雲南省金平ミャオ族ヤオ族タイ族自治県及び麻栗坡県の貧困対策を視察し、貧困対策関連幹部や外事業務関連職員を慰問した旨報じた。同報道によると、1992年以降、外交部は金平県及び麻栗坡県に3.89億元の支援を行い、1400以上の貧困対策プロジェクトを行った由。
 
陳敏爾・重慶市党委書記が趙偉国・紫光集団董事長と会見
 13日付重慶日報によると、12日、陳敏爾・重慶市党委書記及び唐良智・市長は趙偉国・紫光集団董事長と会見を行い、重慶市と紫光集団、華芯投資管理有限公司は戦略協力枠組み合意に署名した。同集団による投資額は600億元を超え、重慶市が中央直轄市になって以来、最大の工業プロジェクトとなる。
 
雲南省普洱市景東県でマグニチュード4の地震発生
 中国地震台網センターによると、20日22時9分、雲南省普洱市景東県でマグニチュード4の地震が発生。県内の3000戸以上の家屋が被害を受けた。21日夜時点で人的被害は確認されておらず、土砂崩れや地割れも発生していない。
 
四川省甘孜チベット族自治州でマグニチュード4.2の地震発生
 中国地震台網センターによると、22日8時10分、四川省甘孜チベット族自治州道孚県でマグニチュード4.2の地震が発生。人的被害に関する報道はない。
 
各省市で春節期間中の観光客及び観光収入が大幅増加
 当館管轄地域各紙は春節期間中の観光客及び観光収入が大幅に増加した旨報道。詳細は以下のとおり。

1.重慶市 観光客 4286.21万人(前年比12.7%増)
  観光収入 133.73億元(前年比29.6%増)

2.四川省 観光客 7073.01万人(前年比10.8%増)人数では全国第2位
  観光収入 446.62億元(前年比25.6%増)

3.貴州省 観光客 1921.42万人(前年比31.09%増)
  観光収入 115.73億元(前年比35.15%増)

4.雲南省 観光客 2881.51万人(前年比25.47%増)
  観光収入 192.93億元(前年比42.35%増)
 
3月8日から九寨溝が一部公開再開(四川省)
 28日付当地報道は、昨年8月の地震発生以降閉鎖されていた九寨溝景区が3月8日から部分的に公開を再開する旨報じた。入場は団体観光客のみで毎日2000人に制限し、入場券は年間共通で110元、今年3月のみ40元で提供する由。
 
国内初のシェールガス工場が完成(重慶市)
 25日付け重慶日報は、重慶市涪陵区に国内初のシェールガスの液化天然ガス加工場の第一期工事が完了した旨報じた。生産量は100万立方メートル/日で、第3期工事終了後は300万立方メートルになる見込み。涪陵区で生産されたシェールガスは、工場で液化天然ガスに加工され、将来的には重慶市や周辺地域で自動車や船舶の燃料として使用される予定。
 
上海協力機構秘書長及び12ヶ国在中国大使一行が重慶を訪問
 25日付重慶日報等によると、23日から25日の間、ラシッド・アリモフ・上海協力機構(SCO)秘書長及びSCO加盟国及び関係国12ヶ国の在中国大使一行が重慶を訪問した。一行は唐良智・重慶市長と会見、重慶・SCO国家経貿人文協力座談会に出席し、また両江新区物流園区、工業及び貿易関連企業を視察、中国郵政郵楽網国際運営センター開業式典に出席した。