関西空港行き航空便の欠航に伴う中国滞在期間の延長手続について

【ポイント】
  関西空港の閉鎖に伴い,予定の出発便が欠航となった方,または査証の滞在期間を延長する必要のある方は以下の手続をお執りください。
● 航空便の振替え(対応:各航空会社)
● (査証の滞在許可期限が超過する場合)「欠航証明」の取得(対応:各航空会社)
● (同上)滞在許可期間の延長(対応:各空港(市)出入境管理局)
 
【本文】
日本へご帰国の皆様へ
  関西国際空港では,台風21号の被害により,一部国内線を除き,引き続き国際線の離発着便の欠航が続いております。欠航に伴い,振替便の出発日が中国滞在の許可期間を超過する(或いは既にしている)方は,以下の手順によって,査証の滞在期限を延長する必要があります。
 
(1)振替便の確定(対応:各航空会社)
(2)「欠航証明」の取得(対応:各航空会社)
(3)「停留査証」の申請(対応:各空港(市)出入境管理局)
 
  上記「停留査証」を申請する場合には,予めご入手した「航空券(振替便のもの)」,「欠航証明」,「住泊証明」(派出所や宿泊するホテルに発行するよう依頼してください),「証明写真」(写真屋では,必ず「査証申請用」と申し出,バーコードと写真付きのレシートを受け取って下さい)を提出する必要がありますので,ご承知おき下さい。
 
問合せ先(重慶市,四川省,貴州省,雲南省管轄)
在重慶日本国総領事館
代表電話:(023)6373-3585(24時間受付)
                                                                                       (了)