自貢恐竜博物館

2018/11/8
中文:自贡恐龙博物馆
 自貢市中心部から内江市(北東部)に向かい約10kmの大安区に位置する。1987年開設。自貢市には、ジュラ紀(2~1.3億年前)を中心とする化石の発見地が約200カ所も点在し、これまでに数万体の化石骨格が発掘されている。まさに「恐竜の宝庫」で、市内のあちこちに恐竜の模型を目にすることができる。特に大安区付近には多く分布している。この博物館は、その中の大山鋪恐竜化石群遺跡(1972年発見。1.6億年前のもの)の発掘現場の上に建てられたもので、その種としては世界三大博物館の一つ。約20種、おびただしい数の恐竜化石のスケール感に圧倒させられる。入場料40元(2019年11月現在)。