当館管轄地域の移動制限の状況(23日更新)

2020/11/13

 1 全般的な状況

 中国では、既にコロナ禍発生前の日常を取り戻していますが、国内移動に関しては、中国人・外国人の別を問わず、APP内の健康コードの提示が交通機関、宿泊先利用上の必須条件になっていますので、注意が必要です。 基本的に現在、当地を含め国内で見られる確定感染事例は海外からの流入によるものですが、市中感染と見られる例も散発的に発生しており、他の省市での発生に際しては、当該地域からの感染流入拡大を徹底的に防止しょうとする動きが各地で見られます。また、世界中で引き続き感染拡大の傾向が続く中、中国政府は一旦緩和しつつあった外国人の入国制限を再び強化しょうとする動きが見られますので、最新の情報を確認願います。日本からの国際線の乗り入れについては、当初より拡大していますが、依然として重慶市、四川省、雲南省、貴州省には乗り入れがありません。

 
 
2 各地の状況
(1)重慶市

○6月29日、重慶市外事弁公室は「重慶来訪政策に関する日本人向け説明会」を開催し、市商務委員会発行の招聘状をもち日本国内で中国査証を取得することで渡航が可能であると紹介。

○国外からの全渡航者に対し、14日間の集中隔離+PCR検査2回を実施。

○他省市からの入境者は,スマホ上で健康コード(渝康码)を登録し、必要に応じ提示。

○但し、国内の中高リスク地からの入境者は、7日以内のPCR検査陰性証明書の提出が必要。提示不可の場合は、14日間の集中隔離または、PCR検査を実施。

○重慶市疾病防止センターは、11月11日から中リスク地域に指定されている天津濱海新区、上海浦東新区祝橋鎮営、安徽省阜陽市穎上県愼城鎮の一部地域(※)について、これら地域へ立ち入らないよう勧告する一方、立入る際は、24時間前に社区へ報告するよう要求。
※天津濱海新区漢沽新街、中新漁港冷金連物流A・B区、上海浦東新区祝橋鎮営前村、周浦明天華城、安徽省阜陽市穎上県愼城鎮張洋小区


(2)四川省

○7月8日、四川省外事弁公室は「操業再開の日系企業向けの招聘状に関する説明会」を開催し、省外事弁公室発行の招聘状をもち日本国内で中国査証を取得することで渡航が可能であると紹介。

○国外からの全渡航者に対し、14日間の集中隔離+7日間自宅隔離+7日間外出規制(宿舎と用務先のみ移動可)を実施。

○他省市からの入境者は、スマホ上で健康コード(天府健康通)を登録し、必要に応じ提示 ○国内の中高リスク地からの入境者は、7日以内のPCR陰性証明書を提示の上、社区で14日間の自宅隔離+PCR検査1回が必要。提示不可の場合はPCR検査を2回実施。
 
○四川省疾病防止センターは、11月4日以降の高リスク地域に指定されている天津市東疆港区瞰海軒小区や中リスク地域に指定されている天津濱海新区、上海浦東新区祝橋鎮営、安徽省阜陽市穎上県愼城鎮の一部地域(※)について、これら地域へ立ち入らないよう勧告する一方、立入る際は、社区へ報告するよう要求。
※天津濱海新区漢沽新街、中新漁港冷金連物流A・B区、上海浦東新区祝橋鎮営前村、周浦明天華城、安徽省阜陽市穎上県愼城鎮張洋小区



(3)雲南省

○海外からの全渡航者に対し、14日間の集中隔離観察及びPCR検査を実施。

○他省市からの入境者は、スマホ上で健康コード(云南健康码)を登録し、必要に応じ提示。

○国内の中リスク地からの入境者は、7日以内のPCR陰性証明書を提示。
  提示不可の場合は、PCR検査1回+抗体検査1回を実施。

○国内の高リスク地からの入境者は、14日間の集中隔離+PCR検査2回+抗体検査1回を実施。

○ミャンマーからの入境者で無症状感染者が確認されたため、11月9日から孟定鎮ミャンマーとの国境地域の一部地区で封鎖措置を実施。

○雲南省疾病防止センターは、11月13日より中リスク地域に指定されている天津濱海新地区、上海浦東新区祝橋鎮営、安徽省阜陽市穎上県愼城鎮の一部地域(※)について、これら地域へ立ち入らないよう勧告する一方、10月25日以降同地域に入境履歴がある者に対して、雲南省疾病センターに報告をするよう要求。
※天津濱海新区漢沽新街、中新漁港冷金連物流A・B区、上海浦東新区祝橋鎮営前村、周浦明天華城、安徽省阜陽市穎上県愼城鎮張洋小区


(4)貴州省

○海外からの渡航者は、14日間の集中隔離観察及びPCR検査を実施。

○他省市からの入境,スマホ上で健康コード(贵州健康码)を登録し、必要に応じ提示。

○国内の中高リスク地からの入境者は、7日以内のPCR陰性証明書を提示の上、PCR検査1回を実施。提示不可の場合は14日間の集中隔離+PCR検査2回を実施。

○入境後、過去14日以内に渡航した地域が中高リスクに指定された場合PCR検査を実施。 

○貴州省衛生健康委員会は、10月25日以降の上海市、天津市からの入境者に対して、所在地のコミュニティに個人情報と健康状況を申告した上で、入境7日以内のPCR検査陰性証明書の提示または入境後のPCR検査実施を要求。

                                                                                          

                                                                             (了)