中国渡航に係る新たな防疫措置(中国民航局:7月20日発表)

2020/7/21
【本文】
●20日,中国民航当局は「外国人が国際便で中国に渡航するには,搭乗前5日以内のPCR検査証明書を必要とする」旨の公告を発表しています。検査は,中国の在外公館が指定する機関で受けることになります。
●公告では,更に,この検査証明を基に,中国の在外公館が健康状況声明書を発行,各航空会社は,搭乗時,責任を持って乗客の健康状態と右声明書を確認することとし,右要求に合致しない乗客は搭乗できないとしています。
●なお,具体的方法等については,各国の中国大使館にて,同地のPCR検査体制を確認の上,発表するとしています。
 
【公告中文】
为确保国际旅行健康安全,降低疫情跨境传播风险,对来华航班乘客实行凭新冠病毒核酸检测阴性证明登机的做法。安排如下:
一、搭乘航班来华航班的中、外籍乘客在登机前5天内完成核酸检测。检测应在中国驻外使馆指定或认可的机构进行。
二、中国籍乘客通过防疫健康码国际版小程序拍照上传核酸检测阴性证明。
三、外国籍乘客凭核酸检测阴性证明向中国使领馆申办健康状况声明书。
四、有关航空公司负责在登机前查验健康码状态和健康状况声明书。不符合相关要求的乘客不能登机。各航空公司应严格履行查验手续。
五、乘客提供虚假证明和信息,须承担相应法律责任。
六、中国大使馆将认真评估驻在国核酸检测能力,并在具备条件的时候发布具体实施办法。
     特此公告。
  民航局
  海关总署
  外交部
  2020年7月20日
【公告URL】
http://www.caac.gov.cn/XXGK/XXGK/TZTG/202007/t20200721_203688.html
 
●なお,外務省は,中国に対する感染症危険度につき「レベル3」(渡航中止勧告)を維持しています。
 
【関係URL】
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/info0721.html